ごあいさつ

代表写真



およそ国民の5%(700万人)が何らかの障害を有しているといわれ、残る健常者は 何らかの形でサポートしていかなければならないと思います。
また、昨今企業の社会的責任(CSR: Corporate Social Responsibility)が問われ、利益を追求するだけでなく、 組織活動が社会へ与える影響に 責任を求められています。

私どもの考えるプロジェクトは、企業が一方的に支援するのではなく、サポートしていただき「共に生きる(=共生)術」を 作り上げていければと思っております。


共生プロジェクトとは

[共生プロジェクト]とは、NPO法人シンビオシスを中心とする「就労継続支援A型」の施設が集まり、障害者に対する就労支援や生活支援をべースに サポートしていく支援プロジェクトです。

[ネーミングコンセプト]
Sympathy(シンパシィ:英語)共感、共鳴、思いやり
Biosis(ビオシス:英語)生活(様式)、人生、生き方

私どもの「共生」は、全ての人々に対しての「思いやり」とその「生き方」をプラスして、人と人が共に生きていくことの素晴らしさやその意味を あらゆる生産を通してアピールしていきたいと考えております。


目的

この法人は、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス事業、障害者の就労体験および市民との共生を目的とした事業を行うことにより、公共の福祉に寄与することを目的とする。